ロボット【Sota(ソータ)】発話中の間の作り方

こんばんわ~ ٩( ‘ω’ )و

SotaはPepperでいうところの\pau=xxx\みたいな間を持たせるタグがない(と思っている)ので、句読点等で間を持たせるようにしています ٩(•౪• ٩)

いくつか検証してみたので、よかったら使ってみてください ヾ(・ω・ )

間の長さとして、約0.2秒と約0.4秒があり、代表な例として、「、(読点)」が前者の0.2秒、「。(句点)」が後者の0.4秒です ( ・ㅂ・)و ̑̑

「・(中点(半角および全角))」は場合によっては0秒で、大半の文章では0.2秒となります (´▽`)

下記を参考に発話内容を作ってみてください ٩( ´ᆺ`)۶

「・(中点(半角および全角))」≦「 (スペース(半角および全角))」=「=(イコール(半角および全角))」=「[] (大かっこ)」=「{} (中かっこ(半角および全角))」=「() (小かっこ(半角および全角))」=「<> (小なり大なり(半角))」=「「」(かぎかっこ)」=「『』(二重かぎかっこ)」=「【】(すみつきかっこ)」=「, (カンマ)」=「、(読点)」<「. (ピリオド)」=「。(句点)」

※注意※「<>(小なり大なり(全角))」は発話してしまうので間として使うことはできません ٩(๑`^´๑)۶

ちょっと見にくくなってしまいましたが今のところわかっているのは以上です (/ω\)

福岡でロボット開発といえば、株式会社システムトランジスタ
(通称シストラ)ロボティクス部マキマキのカキコミでした~ _φ(・ω・ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください