ロボット【Pepper(ペッパー)】Slideshowボックスの改善

こんばんわ~ ٩( ‘ω’ )و

3月18日のブログでSlideshowボックスを作成しましたが、前回の作りの場合、準備する画像ファイルの名称が指定されていることや、表示したい画像の枚数に応じて、パラメータを設定しないといけないこと、また、間違えた場合に不具合となる可能性があること等、色々と改善すべき点がありました (/ω\)

今回それらをある程度改善できたと思うので、そちらを再度案内していきたいと思います ヾ(・ω・ )

SlideshowParam7

まず上図のようにパラメータの数が減りました ٩(•౪• ٩)

減った理由としては、あるフォルダに格納された画像ファイルを全てスライドさせる作りとした為、カウンターの要素がなくなりました ( ・ㅂ・)و ̑̑

それと ImagesFolder ですが、元々は ImageUrl で画像ファイルの格納先とファイル名を指定していましたが、今回は html 配下に配置した画像ファイルの格納先を入力するだけとなりました (ノ≧ڡ≦)

デフォルトのまま使用する場合は、html 配下に images フォルダを作成し、そこにスライドさせたい画像ファイルを格納ください ヾ(・ω・ )

デフォルトでない例として、html\images\photo 配下に画像ファイルを格納する場合は、ImagesFolder に「images/photo」と入力してください ( ・ㅂ・)و ̑̑

robot library の内容も更新しておくので、よかったら使ってください (*˘︶˘*)

福岡でロボット開発といえば、株式会社システムトランジスタ
(通称シストラ)ロボティクス部マキマキのカキコミでした~ _φ(・ω・ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です