ロボット【Pepper(ペッパー)】オートノマスライフの各状態の取得(NAOqiAPI)

こんにちわ~♪

最近毎日のようにオートノマスライフ関係のメモリイベントやらNAOqiAPIやら書いてるので、そろそろ違うの書け!と苦情がきそうですが、あえて?オートノマスライフの各状態のAPIを使用して取得する方法を載せたいと思います(笑)

まずオートノマスライフの各状態の取得(メモリイベント)の記事を見てくださった方は、この前と同じじゃんと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、微妙に違います<(`^´)>

・NAOqiAPIとメモリイベントの違い

・オートノマスライフの状態が移行した時に取得と任意のタイミングで取得

主に上記の2点が違います。

だからなんだ!って思われた方は、クルリと方向転換してどっかの記事へワープしちゃってくださいね♪

では、興味のない方を排除したところで、恒例のパイソンコードです。


 

from naoqi import ALProxy

alife = ALProxy("ALAutonomousLife","IP",PORT)

alife.getState()

 


以上です。

これで、ターミナルとかから現在のPepper(ペッパー)の状態を取得できます。

“safeguard”とか取得できちゃった人はご愁傷様です(/ω<* )

(*^ω^*)/バイバイ

福岡でロボット開発といえば、株式会社システムトランジスタ

(通称シストラ)ロボティクス部d^ω^bからのお知らせでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください