【Pepper(ペッパー)】PythonSDK導入(Windows編)

こんばんわ~♪

今日は予定通りコレグラフを使わずにPCから遠隔操作でPepperに喋らせる為にpythonSDKの導入等の環境構築(Windows編)について書きたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

macユーザーの方は前回の記事をみてね♪

pythonSDKの導入mac編はコチラ

【Windows】

1、pythonのインストール

https://www.python.org/downloads/windows/

上記のサイトからpythonの2.7をダウンロードします。

python

python2.7

32ビットの人はx86って書いてある方をダウンロードしてね♪

64ビットの人は、そのままx64でOKです。

ダウンロードしたらインストーラを開いて、どんどんnextを押してインストールしちゃいましょう!

2、pythonSDKをアルデバランのホームページからダウンロード

https://community.aldebaran.com/ja/resourcces/

pythonSDK(Windows)

ダウンロードが終わったら、pythonSDKもインストールしちゃいます♪

これで、準備は完了です♪

スタートメニューからIDLE (Python GUI)を探して立ち上げて次へ進んでねっ(*^_^*)/

4、Pepperに接続して喋らせる


from naoqi import ALProxy
test = ALProxy(“ALTextToSpeech”, “IPアドレス”, ポート)
test.setLanguage(“Japanese”)
test.say(“test”)

IPアドレスは自分のPepperのアドレスを入力します。

「test」と接続したPepperが喋ったら成功です♪

ちなみにWindowsはMacと違って、そのままでは日本語は、

「Error in encoding conversion. Please verify that the text “” is well adapted to the selected language (maki_n16)」喋ってくれないハズです(・_・;)

この問題に関しても、そのうち書くつもりなので、見に来てね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です