ロボット【Pepper(ペッパー)】値の保存と読み込み

こんばんわ〜♪

今日は値の保存と読み込みする為のボックスについて書きたいと思います。

pythonボックスで色々試してる人には必要ない記事だと思うので、ボックスだけで簡単に作ってみたいけど、どのボックスをどう使っていいのか分かんないって人向けです( ´ ▽ ` )ノ

用意するのはif、Get Data、Insert Data、Say Text、Text Edit×2です。

同じもの作ったって面白くないって人は、好きなものを用意してください(笑)

あ、でも・・・Get DataとInsert Dataは必須ですよ?

とりあえず、メモリイベントを5つ用意します。

・HandLeftBackTouched

・HandRightBackTouched

・FrontTactilTouched

・MiddleTactilTouched

・RearTactilTouched

上記の5つです。

5つ用意できたら下の画像のように繋ぎます。

box_getdata_insertdata

繋ぎ終わったら、Text Editに文字列を入力します。

ぶっちゃけ、なんでもいいんですが、私はFront…に前、Middle…に真ん中、Rear…にうしろと入力してます♪

ifの設定は、Condition operatorが=、Value to compareが1です。

あとは、再生してみるだけです。

適当にPepperの頭を触ってから、左手か右手の甲を触ってみてください。

最後に触った頭の部分にあった言葉を返してくれるハズです♪

最後に簡単な解説です。

Get Dataが値の読み込み

Insert Dataが値の保存

ifはPepperが2回値を喋っちゃうのを防ぐ為です

(値が1の時だけ喋らせる)

Say Textは受け取った値を、そのまま喋ってくれます。

これくらいですかね?

適当に動いてりゃOKです( ´ ▽ ` )ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です