ロボット【Sota】Sotaと会話(昨日の続き)

こんにちわ~ ٩( ‘ω’ )و

タイトルの通り昨日の続きですが、ちょっと不具合対策をしていこうと思います ( ・ㅂ・)و ̑̑

画像にある連続した発話ボックスですが、それぞれ「あ」「い」「う」「え」「お」と入力しています ヾ(・ω・ )

普通に考えると「あいうえお」と発声しますよね? ( ・ὢ・ )

なんと!! 「あああああ」と発声します (๑•﹏•)

不具合とは思いますが、この状況下で「あいうえお」と発声するよう修正したいと思います ( ・ㅂ・)و ̑̑

とりあえず原因を探るべく、適当な発話をさせてみると、「足」「イカ」「上」「海老」「おでこ」 ⇒ 「あ、イカ、あ、イカ、おでこ」となりました (´▽`)

どうやら一度発話するとwavファイルを作成し、以後はそのファイルを実行するのですが、文字数を見ていて、同じ文字数だと新しくwavファイルを作成せずに、以前作成した同じ文字数のwavファイルを再生するようです ٩(๑`^´๑)۶

なので、初めて発話を使用する場合の例ですが、

「あ」「い 」「う  」「え   」「お    」

のように、スペースを使って文字数を変えておくと、「あいうえお」と発声できるようです ٩( ´ᆺ`)۶

もちろん根本的な解決にはなっていないので、あくまで現状の対策ですが、文字数が同じにならないように言葉を選び、発話させていきましょう ٩(•౪• ٩)

ここからは補足ですが、この発話ボックスはPepperでいうところのAnimatedSayボックスと同じような働きをします。なので、動作が付いてるというわけです ヾ(・ω・ )

前述の例のように1文字、2文字の単語を発話させると、動作の開始と終了に時間を要する為、変な間ができてしまいます (๑•﹏•)

極力単語を避けて、文章を話すよう作り込んでください ヾ(・ω・ )

また、「あいうえお」⇒「あああああ」と発声してしまうことに関して、コンソール上では「あいうえお」となっています (・ε・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください