ロボット【Pepper(ペッパー)】APIを使って声を変えてみる

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

・・・と、いう事で2016年度初のPepper(ペッパー)記事は、APIを使ってPepper(ペッパー)の声を変えてみようと思います。

とりあえず、ソースを載せたいと思います。



from naoqi import ALProxy

tts = ALProxy("ALTextToSpeech","IPアドレス",ポート)

tts.setVoice("変更する声の名前_n16")

tts.say("喋らせたい言葉")

 

以上です。

見ての通り、ALTextToSpeechに声をsetVoiceで設定しています。

あとは、適当に喋らせてみるだけです♪

ちなみにデフォルトで一般用のPepper(ペッパー)にインストールされている声は、15人みたいです。

maki(デフォルト)

koutarou

yuuto

taichi

hiroshi

osamu

seiji

chihiro

reina

anzu

sumire

nozomi

nanako

kaho

akari

以上15名のうちデフォルトと書いてあるmakiさんが本来のPepper(ペッパー)の声です。

まぁまぁいろんな声があって面白いので、一人二役とか、Pepper(ペッパー)の声だとイメージと合わないといった時に使えるんじゃないでしょうか??

では、今年初の記事はココら辺で・・・

今年も幸多き年でありますように心よりお祈り申し上げます( ´ ▽ ` )ノバイバイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください